学問・資格

その後・・・。

論文式試験後、初めて解答速報を見てみた・・・。ほとんど自分の解答の記憶がないからなんともいえないですが。

まず、講師陣の講評とか見て思ったのは「そんなに出来てるわけねーじゃん!」。やたらと答練で出したから6割だとか基本的だから8割とか言ってるけど、絶対無理やしsweat02以下、各科目の出来具合。

監査論・・・大問1、2ともそこそこ書けてた。たぶん55%ぐらいかな。

租税法・・・しょっぱなの記号をあっさり間違えるsweat02でも理論は無難に書けてる感じ。法人税は覚えてないけど普通かな。消費税は登記手数料とかよくわからずたぶんちょっとしか合ってない気がする。全体では理論でもしかしたら稼げてるのかな、ということで60%弱。

管理会計論・・・答練とかの理論では白紙で出したことがほぼ無かったのに、本試験では数問白紙で出した。1問目は計算はあってると思うが理論は1つ白紙。2問目のABCは最悪・・計算も理論もほぼ白紙。大問2の原価企画はさすがに計算はできてると思ったけど、実は問3の構成比率を四捨五入してない。問2で一回四捨五入してるからもう一回しなくていいと思ってた(笑)設備投資は予想外に計算はできてるっぽい。でもあの本試験の緊張感の中であんなにめんどくさい計算(原価係数とか補完法とか)はミスしてもしゃーないと思われる。問5のリアルオプションの理論は書けてた。全体的には設備投資に救われてて35%から45%ぐらい。最も得意な科目やのになぁ~。

会計学(午後)・・・計算とか全く覚えてないけど、まぁ並みの出来ちゃうかな。理論はかなりできてない。金券の問題で割引と値引きみたいなこと書いたのは覚えてる。解答としてはかすったぐらいかな。配点がわからんけど40%強ぐらいかな。

企業法・・・これもひどい出来だ。試験中テンパってた科目のひとつ。利益相反のとこは取締役会設置会社ってわかってたのに1人会社の場合とかわけわからんこと書いたのを[覚えてるdash普段の答練のこと考えても40%弱かな。

経営学・・・第一問は自己実現しかまともに書けてないわdown50点中8点ぐらいだ(笑)大問2の理論もアンシステマティックとシステマティックしぐらい。~モデルってきたとこはひたすらブラックショールズて書いた記憶あり。恥ずかしいthinkただ、問題2と3の計算はできてる感じ。とくにデリバティブとリアルオプションが出来てるみたいでアシきりを逃れた模様・・。大問2は5割位とれてるのかな。全体的には35%ぐらい。

以上からわかるとおり、やっぱ出来はひどいsweat01ただ、日頃の答練で1点でも多く取ろうと悪あがきするクセはつけてたから、本番でも最後まで諦めずにもがきまくったのが合格ラインにすべりこんだ要因だと思うflair

今回のブログでひとまず完結になります。めちゃくちゃな文章でスイマセンでした。そして読んでいただいてありがとうございましたsign03これからはどんなブログにするか未定ですが、来年の合格を目指される方の参考になるような内容にできればと考えてます。もしこんな情報(成績)を開示してほしいとかあれば言ってください。では、あでゅー(←YUIのブログよりパクリましたgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なっちゃった・・・。

ブログのサブタイトルに「なるか!?一発合格☆」と題してますが、なっちゃった・・・scissors

てなわけで、今日が合格発表日でしたがなななななーんと受かってた。まさか受かると思ってなくて、ネットに繋いだのは10時前。法人からの電話が無かったからやっぱり落ちたんやと思ってやや凹みながらネット見たら、マイ受験番号があるではないかimpact

昨日のブログで適当すぎる客観的評価をしてますが、近いうちに試験後見てなかった解答速報を読んで改めて論文式試験の評価をしてみたいと思います。

今日はこのへんでupアデュ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ。

合格発表までのこすところ半日を切りましたdiamond

てなわけで合格発表まえのいまだからこそ今年の論文式を客観的に振り返っておきまーす。

初日:監査論→まぁまぁ。租税法→まぁまぁ。

2日目:管理会計→ダメぽsweat02会計学(午後)→まぁまぁ、と言いたいが理論がムズシ。

3日目:企業法→イマイチsweat01経営学→爆死down

いまさらこんな評価してるバカはいないと思うけどあえてやってみた。テキトーすぎか(笑)とにかく明日の発表が不安で不安で仕方ない、ってことはないのである。落ちたらどうしよう、ではなく受かってたらどうしようという思いだ。期待shineでいっぱいということで締めくくらせていただきますup

P.S. 後日、成績通知が送られてきたら過去からの答練の成績の推移と一緒に比較してみたいと思いますので、ご覧くださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師比較②~⑦

では、引き続き09目標に向けて講師比較っす。

②財務会計論(理論編)・・・昨年はVで塩川先生の講義を受講してました。感想は○。ちょっとわかりずらい論点を丁寧に解説してくれて、講義にメリハリがある。おすすめ!難点は講義8割方が延長されること。で、今年は生講義でT先生。レジュメ中心だが思ってたより良い感じ。よって○

③管理会計・・・これは前年に引き続きF先生。関西では有名でレジュメオンリーの講義。入門期は完璧で上級期も講義の進度の遅れは気になるが、Vに良い先生がいないしF先生で問題なし。よって◎

④企業法・・・前年は講師の選択肢がなくVの阿部先生に(生の講師は最悪だった・・・)。阿部先生の評価は賛否両論のようだが個人的にはコンパクトにまとめられてて○。今年はVにテキスト作成者の宮内講師が加わったためこちらに変更。たぶんわかりやすいんだろうが、重要なところをたまに声をはりあげたりされるところがVで見ると何言ってるか不明・・sweat02結果、全体的に内容が意味わからんようになってきたため評価は△です。ちなみに早くも阿部先生に変更しましたdash

⑤監査論・・・前年は関西だ絶大な人気を誇るN先生を受講(まぁ、関西にこの講師しかいないのだが)。講義内容はおもしろくておすすめ。ただ全答練の監査論上位者に関西の人がほとんどいないのが気になっていた。よって○。今年は新しく関西の監査論講師に加わったM先生を選択。新人のわりに熱意に欠けるというか・・・。いたってフツーのため△です。

⑥租税法・・・租税といえば、ということで08はVの木戸講師を受講。非常に一生懸命で丁寧すぎる教え方。難点は講義の延長。休憩は1回だし100分講義とかされると集中力がもたないdown熱い先生なだけにもったいない。よって○。今年は生のT先生を選ぶ。税理士の先生なので会計士受験に関してどうかと思ったが講義は時間内に終わるし実務の話も交えてくれるし思ったより良い!よって○。

⑦経営学・・・前年は関西の経営といえばということでT講師を受講。おやじギャグ炸裂impact受講生は誰も笑わない・・・。レジュメ中心でやや範囲を広げて網羅的に教えてくれる。それでも今年の本試験には全く歯が立たず。評価は△かな。今年はVの藤沢講師。具体例とかいろいろ話してくれて興味深い。ただ講義内容の浅さを具体例でごまかしているという説あり。まぁ、眠くならないしどうせTACの受講生はテキスト以上の知識は持たないわけだからさほど問題にはならないだろう。よって評価は○。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちるのか?!受かってしまうのか?!

発表まで残すところ4日と数時間・・・。

9割方落ちる覚悟ができているとはいえ、この時期になってくるともしかして?とか変な期待が沸いてきてちょっとドキドキcoldsweats01まぁ、冷静になってみれば受かってるわけがないような試験の出来なんですが、周りの人がもーっと出来てなければ受かるかもしれないわけで・・・。ほんまに発表日を境に人生が変わってしまうわけですな。

どんな結果であれ真摯に受け止めよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師比較①

ようやく?講師比較をしてみる。

まず財務会計論(計算編)。去年も今年もVTRではなく生講義を選択diamond簿記といえば生sign01というわけではないが・・・質問とかする機会ありそうだし受講生もわりと多いからというのが理由。まぁ、質問は1回しかしたことないが・・・sweat01

去年は美人で有名なN先生shine特別わかりやすかったというような印象はなく、まぁ普通といったところだと思うがとても頭が良い先生だと感じた。連結のタイムテーブルなんかは資本連結だけでなく成果連結も全部タイムテーブルに落とし込んで無敵だと思った。ただ、そんな無敵のタイムテーブルについていけずマスターできなかったが・・(笑)

そして今年はコテコテの関西人のI先生でN先生の諸事情のため講師交代。VTRの李先生にしようかとも悩んだがI先生は去年の入門期に受講していた先生なのでなじみがあるしやっぱり簿記は生sign01ということでひとまずI先生にした。で、感想としてはN先生とさほど変わりなくふつーかな。でも、たまに「そういうことやったのか!」と思うとこもあってわかりやすいのかもしれぬ。ま、2回目の受講やからかもしれんけど・・・。

このままI先生でいくか李先生に変えるかは検討中。ただ、関西の生講義のみ教えてくれる論点とかあるからこのままI先生にお世話になろうかなup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く取り戻せ!!!

先日のアクセス財務会計論が返却されたdash

点数はまぁ予想通り。資本連結の追加取得の資料を見逃すというアホさっぷりを発揮して残り10分弱で慌てて数値を直した割にはよく持ち直したと思うscissorsでも、やっぱり満点の人もいたし自分より上の人が結構いた・・・。論文式を受けて結果待ちの人間が入門上がりの人に負けるというのは悔しいというかなんと言うかsweat02

反省としては、総合問題を解く感覚が鈍りすぎてたこととケアレスミス。知識不足はしゃーないけどケアレスミスほどもったいないものは無い。そして点数を一番手っ取り早くあげられるのがケアレスミスの撲滅である。スピードは大事だがその前にまず正確性だなimpactがんばろっ。

とにかくいち早く論文直前の自分に戻す事が大事だsign03そして今年プラスαの能力をどれだけ身につけられるかが来年の合格につながるハズだ。このままだと来年の論文直前になってようやく08論文前の自分を取り戻した、なんてことになりかねない。まぁ、おそらくそういう人が何回も受験することになるのだろうが・・・danger

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保有目的の変更。

債券の保有区分の変更が認められるようになるらしいimpact

現行は「満期保有」目的への変更は認められておらず、簿記での会計処理や財表の理論でも経営者の恣意性の介入とかを理由にそのように学んできた。これが、この不況を背景に時価会計の緩和の措置として年内にも満期保有に変更が可能になるんだってさー。適切な情報開示とか客観性とかそんなんで時価会計を導入してきたはずやのに、不況を理由に実態を隠すような処理を認めるなんて時代に逆行してると感じるのは気のせい??答練とかでこれに関する問題でたらどうしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師比較。

上級講義がスタートしてどの科目もほぼ3回ぐらいまで進んだ。

新鮮さをもたらすため、昨年とはあえて違う講師を選択しているので科目ごとに講師を勝手に評価してみるflairちなみに・・・(VTR講師は実名、生講義講師はイニシャルで)

                ~今年~    ~昨年~                                               ①財務会計論(計算編)   I先生       N先生                                              ②財務会計論(理論編)  T先生       塩川先生                                               ③管理会計論        F先生       F先生                                               ④企業法          宮内先生     阿部先生                                              ⑤監査論          M先生        N先生                                               ⑥租税法          T先生        木戸先生                                              ⑦経営学          藤沢先生      T 先生  

管理会計論だけは入門から変わらず同じ先生です。全く苦手意識無くむしろ得意科目にできたので個人的にカリスマ講師として崇拝しておりますup各科目ごとの論評は後日にします・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセススタート!!

ついにアクセスがスタートしたsign01といっても11月期から申し込んだからで、回数的には8回目なのだが・・・。内容は連結の基礎マスターレベルで基本的な資本連結と成果連結だった。08目標のアクセスでは連結は13回目だったから前倒しなのか何なのか。事前に去年のアクセスを解いた時はタイムテーブルの書き方すらやや怪しかったが準備していたおかげで今日のアクセスは簡単のハズだった。実際、約35分ぐらいで解き終えたが貸借が合わず見直し、見直し。・・・残り10分となったとこで・・・追加取得を見逃していたことに気づくsweat01必死に数値を修正しまくって総崩れは避けれたが満点を狙ってたのが一転して壊滅状態になりかけた。しかも、手形売却損の修正も数値を読み間違っててケアレスミス。試験から遠ざかっていたからやむをえないということにしとく・・・。

でも今回のレベルなら満点も多いだろうなぁ。入門上がりの人には負けられないと思ってたが早くも負けたな、こりゃdown去年は上級生に勝つという意気込みでアクセス・答練に取り組んでいたが今年は逆の立場なだけに入門生にだけは負けられんん!!!次からはトップに君臨し続けるぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)